会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療)

50才台のうつ病サラリーマン。リストラから倒産、うつ病・退職・無職・就職難が襲う。人生を狂わされたうつ病を経験。
会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療) TOP  >  6.うつ病の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつ病の日々・・ネットサーフィンばかりしてしまう。

(うつ病体験記 7ページ目)

うつ病で外出せず、部屋に閉じこもると、どうしても時間があるので、パソコン好きの私には、すぐにネットサーフィンになります。

眠れないと、夜更かししてしまいます。

パソコンをさわっていると、頭がさえてしまい、余計に寝られなくなります。

これでは、イカンと思いながらも、ついつい時間が早く経ってしまいます。

うつ病患者にはパソコン好きは、よくないようです。


本を読んでみると、やはり、脳の働きと、調整のためには、体を動かす事が大事とあります。

当然と思いますが、「やる気」が起きないので、なかなか実行することが出来ません。

しかし、何とかして体を軽く動かせるような、習慣をもったほうがいいです。


日本人は、四季の中で生きています。私たちの体には四季を感じて体を調整する仕組みがあるようです。

季節を感じる野の花や、雲や空、山々、などの景色を眺めながら、ゆっくりと「散歩」をするのが、一番いいようです。

お金もかからず、道具もいりません。やろうと思えばすぐに実行できます。

しかし問題は、うつ病。体がいうことを聞きません。まず最初の第一歩が踏み出せません。 それと、近所の目。

こんな平日の、日中に仕事もせず、ブラブラと「何やってるの?」等と思われるのも嫌です。

(おそらく、なにも気にする事はないし、近所の人は自分が思っているほど、自分のことは記にはとめていません)



外歩きがつらければ、ラジオ体操や、寝っころがってできるヨガみたいなもの。

ヨガも、そんなに力んで本格的にやる必要はありません。

自己流でもなんとなく体の節々が気持ちよくなる程度でいいと思います。

私は、図書館へ行った時に、ヨガのDVDを見つけました。



初めてでしたが、テレビ画面をみながらゴロゴロとやっていたら、結構カタチになりました。 気が付いたら、うっすらと汗ばみ、関節が久しぶりに、心地よい疲労を感じました。

自己流でもなんとなく体の節々が気持ちよくなる程度でいいと思います。



>>うつ病ブログランキング>>もっと見るFC2

ブログパーツ
スポンサーサイト
ランキングTOP

カテゴリ
全記事表示リンク
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。