会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療)

50才台のうつ病サラリーマン。リストラから倒産、うつ病・退職・無職・就職難が襲う。人生を狂わされたうつ病を経験。
会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療) TOP  >  3.うつ病で再就職

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦悩!うつ病で再就職 ~ 悪化~退職へ

うつ病体験記 4ページ目)


なんとか、倒産後の処理は終わりました。

しかし、家庭をもつ私には休息の時間はありません。

すぐに就職口をみつけなければなりません。(これも性格が、焦らすのです)

運良く、グッドタイミングで、やりたいと思っていた職が、見つかりました。

入社試験、面接と、新たな人生のスタートに、ひと時、うつ病の症状は軽減していました。 いままでのリストラ、倒産の経験からすれば、夢のような将来が開けたと感じました。

しかし、その考えが甘かったことは、すぐにわかりました。
新規の事業立ち上げのための求人だったのですが、会社内部でも、

推進派と反対派がおり、反対派からの強烈な嫌がらせが待ち受けていたのです。

人生、そうそううまく、就職できないものです。
すぐに、あらたな人間関係のストレスに悩まされました。


それでも、せっかく、この年齢でみつけた、仕事です。
精一杯、人間関係もよくしようと、頑張りました。頑張りぬきました!



そのうち、いろんな体の異常を感じました。

妙に手のひらに汗をかきます。


また、文字を書く時に、手が震えます。

人と話すことが何ともなかったのに、なぜか、人と合うのが嫌です。

そして、極めつけは、立っていられないほどの体の緊張による震えです。

おそらく、顔は真っ青だったと思います。

気分も最悪で、吐き気もありました。

さすがに、「これはダメかな」・・・・・
自分で悟りました。

すぐに会社を休んで、心療内科へ。

予約をいれ、じっくりと時間を取って、診察をうけました。

結果は、前回とはことなり、完全な「うつ病」と診断されました。


うつ病をなおすには、3ヶ月程度の休業が必要とのことでした。



【退職へ ~うつ病との闘い始まる~】

3ヶ月の休職が必要という、うつ病診断書と、退職届けをもって翌日、私は会社に行きました。

もう、職場の人間関係に、辟易していた私は、退職を決めたのです。

在職期間も短く、未練はありませんでした。

ここで休職などしたら、いじめ、嫌がらせが、もっとひどくなるのはわかっていました。

当然、私の派からは慰留をされましたが、決心は変わりませんでした。



とにかく、このうつ病という病気を治して、出直せばよいと、決心していました。

結局、半年ほど在籍して、退職しました。

せっかく仕事も覚えかけていたので、残念でしたが、これ以上、人間関係で苦しむのは嫌でした。

退職後、張っていた糸がプチッと切れたのでしょうか。


これだけ寝られるのかと思うぐらい一週間、ずっと寝つづけました。


こんなに寝たのは、赤ちゃん以来、人生で初めてだと思います。

しかし、これからが本当のうつ病との闘いでした。


>>うつ病ブログランキング>>もっと見るFC2
ブログパーツ

スポンサーサイト
ランキングTOP

カテゴリ
全記事表示リンク
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。