会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療)

50才台のうつ病サラリーマン。リストラから倒産、うつ病・退職・無職・就職難が襲う。人生を狂わされたうつ病を経験。
会社倒産でうつ病になり無職から復活したサラリーマン(体験談/改善治療) TOP  >  ■うつ病と生活保護制度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつ病と生活保護制度

うつ病でも市町村からの公的支援を受けられます。








うつ病等の精神疾患にかかり、労働することが困難で生活に困窮した場合で社会保険の給付を受けることが出来ない場合、一定の条件を満たせば、市町村から生活保護として生活扶助、医療扶助を受給することが出来ます。また、治療費を援助するため、障害者自立支援制度があります。






生活保護制度





1 目的

生活に現に困窮している国民に、その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立の助長を図ることを目的としています。



2 対象者

資産、能力等すべてを活用した上でも、生活に困窮する者を対象としています。



※各種の社会保障施策による支援、不動産等の資産、扶養義務者による扶養、稼働能力等の活用が保護実施の前提になります。



3 保護の内容

保護は、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助及び葬祭扶助から構成されています。



※医療扶助及び介護扶助は、医療機関等に委託して行う現物給付を原則とし、それ以外は現金給付が原則です。



各扶助により、健康で文化的な生活水準を維持することができる最低限度の生活を保障しています。扶助の基準は、厚生労働大臣が設定します。



4 保護の実施機関

都道府県知事及び市町村長により設置される福祉事務所の長。



上記内容は、公的支援の説明の一部です。あくまでも参考資料としてお読み下さい。

★詳しくは厚生労働省のホームページで





>>うつ病ブログランキング>>もっと見るFC2






ブログパーツ
スポンサーサイト
ランキングTOP

カテゴリ
全記事表示リンク
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。